MARRCAD Ltd.






日本カセットテープクラブ概要


設立 2009年6月
資本金 0円
クラブ会長 小嶋哲義
構成人数 1名


NCTCの成り立ち
横浜在住の、カセット好きの音楽マニア小嶋哲義が2009年に不意に立ち上げる
現在、日本カセットテープ組合の下部組織に属す


NCTCの組織名称の変遷
小嶋カセットテープ商工会議所 → 日本カセットテープ連盟 → ワールド・カセットテープ・アソシエーション →
間門町内会カセットテープ係 → カセットテープ無国籍軍 → カセットテープ廃絶禁止同盟 →
ザ・カセットテーパーズ → 火星カセットテープ連邦地球支部 → か弱いカセットテープを守る会 →
カセットテープヘッドクォーターズ → 大カ会 → 横浜中央CT機構 → 国際テープ団 → 
日本カセットテープ組合直営日本カセットテープクラブ




 

 


楽曲解説 -  作品No.001-
     
    
作品No.031-
          作品No.061-
          作品No.091-  

          作品No.121-
          作品No.151-
          作品No.191-

製品案内 -  
CD-R
     
    
T-SHIRTS

使用機材 -  
楽器
     
    
録音機材
     
    
その他

 


 



 

 

 

楽曲解説


作品No.001 「日本カセットテープクラブのテーマ」 2009.6.28 REC / 2009.6.28 UP
                               当クラブのテーマソング
                               4トラックすべてにギターを重ね、さらにデッキに落とすときにギターを一本重ねる
                               すべてMTRに直接ギターぶっさして録音 家にあったストラトキャスターにて
                               なんだかとても明るい

                                 2012.9.18 UP
  
作品No.002 「NATION」
2009.5 REC / 2009.6.28 UP
                               1&2トラックに、リズムマシンによるキックとシンバル
                               3&4トラックに、ディレイをかませたギターをMTRに直結
                               たまにはエフェクターを使ってみてもよいでしょうか          

作品No.003 「抜刀」
2009.6 REC / 2009.7.6 UP
                               グラフィックイコライザーをかませて歪ませたリズムマシンと
                               直結のギターが2本 計3トラックだ
  
作品No.004 「Big Night」
2009.7.6 REC / 2009.7.6 UP
                               MTR直結のベースを左右に2本 声を左右に2個
                               ブ厚い日々を歌った曲

作品No.005 「テオドルス」
2009.7.9 REC / 2009.7.23 UP
                               アコースティックギターをマイクで拾って4トラックに重ね録り
                               適当に鼻歌でものっけて歌ってくださいませ Theodorus van Gogh

作品No.006 「チタン」
2009.7.22 REC / 2009.7.23 UP
                               1トラックにリズムを ディレイをかけつつ
                               2+3トラックにメロディを 4トラックにはギターを
                               中盤でギターが左右に飛び交う

作品No.007 「止まる発条」
2009.7.20 REC / 2009.7.23 UP
                               MTR直結ベース3本+リズムマシンドラム1トラック+マスター製作時歌追加
                               「前脚で蹴って/後脚で蹴って/ただ立ち尽くして/ただ手を尽くさず/止まる発条/
                               長い待ち時間の間に/止まる発条/止まる発条/止まる/発条」
  
作品No.008 「水源」
2009.7.5 REC / 2009.7.23 UP
                               MTR直結ギター4本重ねる 静かだ

作品No.009 「臨時ニュース」
2009.8.6 REC / 2009.8.6 UP
                               68年ほど前に流れたラジオとギター4本をミックス
                               ギターはチューニングを下げてさらに逆回転
  
作品No.010 「広島長崎民間人無差別大虐殺」
2009.8.4 REC / 2009.8.6 UP
                               
ご存知自由の国アメリカによる人体実験を兼ねた人類史上最悪の所業
                               たったの2発で20数万人があの世へ
                               こちらもギター4トラック逆回転 しかし実際は音的にはこれの数万倍でしょう
                               ちなみに現在 世界には核が合計2万発あるという

作品No.011 「大都会」
2011.1.3 REC / 2011.1.4 UP
                               
日本カセットテープクラブ 隠れマニアの皆様大変お待たせいたしました
                               なんたることか約1年5ヶ月ぶりの更新!
                               久々の新曲は直結ギター4トラックとミックスダウン時に歌を流し込んだ作品
                               「大掛かりなシステムだ/出口はどこだ?/大げさな闇夜だ/大掛かりな大空だ/出口は向こうだ」
                               カセットテープ特有の分厚いひしゃげた音を
                               ぜひ爆音で聴いていただきたし
  
作品No.012 「グッバイ」
2011.1.4 REC / 2011.1.4 UP
                               
私の"懐かしポップス"趣味炸裂の一品
                               ショートディレイってたまらんですよね
                               BOSSデジタルディレイをかませたギターを1~2トラックに1個 3~4トラックに1個
                               ミックスダウン時にティリティリしたのを弾いて足す
                               すごく簡単に見えて数十回は録り直したのさ
                               ”虫けら"か"ファーブル"というタイトルにしようかとも思ったり
  
作品No.013 「蜘蛛の子散らし」
2009 REC / 2011.1.26 UP
                               
結構前に作ったもの / 直結ギターを4トラック分ちまちま弾いた40秒くらいの小品
                               なんだかセワシナイネ
  
作品No.014 「台形」
2009 REC / 2011.1.26 UP
                               
こちらもだいぶ前の作品
                               歪ませたリズムマシンをバカスカ鳴らしたのを2トラックと
                               ジャカジャカ弾いたギターを1トラックずつ2種類
                               イビツな台形だこと
  
作品No.015 「STONE BURNT SWEET POTATO SONG」
2011.2.7 REC / 2011.2.8 UP
                               
ジャパニーズ・トラディショナル・ソングのカバー / 要は"石焼き芋"だ
                               「風吹く無人の荒野をひた走るあいつは誰だ? ..... そう!石焼き芋屋だ!」といった趣のウエスタン風味
                               家の外で流れてるのが聴こえてきたのでさっと窓を開けて録音しておっさんの歌をループさせアコギで味付け
                               作者不詳のこの曲はいったい誰が作って誰が歌ってどうやって録音されているのだろうか?きちんとスタジオで録ったりしてるのだろうか?
                               日本特有の拍子を無視した節まわしと声の伸び具合が結構ニクイ
                               石焼き芋を英語で正しく言うと ""a sweet potato roasted on hot pebbles" らしいけど
  
作品No.016 「私も迷子」
2011.2.6 REC / 2011.2.8 UP
                               
3拍子インスト / アコギ×1, エレキ×3, ミックス時にさらにギターを足す
                               迷路の中で明るく迷子
  
作品No.017 「生きろ」
2011.3.21 REC / 2011.3.21 UP
                               
エレキギターをバッキングとメロディ, そしてベースを1トラック
                               言葉になりませんが "とにかく生きること" だと思います
  
作品No.018 「雨あがれ」
2011.3.21 REC / 2011.3.21 UP
                               
アコギ2種類, エレキ×1
                               今日の雨に
  
作品No.019 「花火」
2011.7.20 REC / 2011.7.20 UP
                               
リズムマシンでメロディとリズム そして歌とコーラス
                               1音1音打ち込み1発録りの不器用オールドテクノ / 夏の不穏さが出てるだろうか
                               「1234花火/1234打ち上がる/日暮れを泳いだら/秘密の紙芝居/溶けるリズムにフィルムが赤くなる/
                                 向日葵畑/奥の奥で/城跡の風/待ちぼうけ/窓を開ければほら雲が/入ってくる/入ってくる/入ってきました/
                                 逃げ水を泳いでる/魚追いかけて/頭上に咲き誇るのはあの花火/坂道寝そべれば/気付くと無重力/
                                 私は空ごと青くなる/青くなる/急ぐカタツムリ/炎天下/日暮れまでには帰るさ/日暮れまでに帰りたい/
                                 頭の中/頭の中/頭の中で/花火が/花火が/花火がほら/頭の中/頭の中/頭の中/頭の中/頭の中/123/4/花ひらく/1234音も無く」
  
作品No.020 「アメンボ」
2011.7.20 REC / 2011.7.20 UP
                               
エレキ×4, ミックス時に歌をちょいと / 何度も"プシュー"言ってます / 俺はこういうコードが多いいな / SF&自然
                               「アンテナ背負って/砂漠の縦断/冷え切った月面/降り立った亡霊/明日にいる/定めのような/偶然のような/
                                 アンテナへし折れて/つきささる/水たまり/広がる波紋/波紋/波紋/見渡す限りの/飛び立つアメンボ」
                               そうそう この曲は例の5000円で手に入れたTriumphのストラトだ
  
作品No.021 「湿度9000」
2011.1~2 REC / 2011.7.27 UP
                               
2011.1.26 GOUPILスタジオ練習の休憩時間に自分で叩いたドラムをカセット2トラックに落とし
                               エレキギター2本+ミックス時にさらに1本 / ベースみたいのもギターだよ
                               ドラムのリズムはヘッポコだけど好きな音質
                               今日ものすごい蒸し暑かったので
  
作品No.022 「Day Dream」
2011.7.27 REC / 2011.7.27 UP
                               
Triumphストラトを4本重ねただけの小品
                               "白昼夢" というか "うたた寝" というか
  
作品No.023 「Stereo Virus」
2009 REC / 2011.8.1 UP
                               
だいぶ前 2009年くらいの初期のものだ ゆるい作品
                               ヘッポコ・スカ・ギター2本に 逆回転ギター そしてベース
                               音のウイルス / そんなに毒のないヤツ
  
作品No.024 「夢幻回廊」
2011.7.27 REC / 2011.8.1 UP
                               
Triumphストラトとデジタルディレイを使った作品
                               かなり昔に編み出したガムランのような三線のようなギターサウンドがとても気に入ってます
                               どこか知らない工場の長い長い生産ラインで見たことのない生物が何かを規則的に作っていくような 無限の生命の回廊のような
  
作品No.025 「DEAD KAN DANCE」
2011.8.14 REC / 2011.8.14 UP
                               
YouTubeの国会中継より声を拝借 / LEADⅡを2トラック
                               ヤツの本心はいかに? / 断末魔サウンド
  
作品No.026 「requiem」
2011.8.14 REC / 2011.8.14 UP
                               
LEADⅡを計3パターン
                               日本の夏は死が近くに感じられる / お盆しかり終戦しかり / 静かな曲
  
作品No.027 「GARAKUTA JAZZ」
2011.1.31 REC / 2011.9.2 UP
                               
がらくた感満載のフリーなズージャー
                               久々のトランペット / ギタースライドバー×2本 / ギターメロ / ミックス時に生ドラム
  
作品No.028 「乞食都市」
2011.9.2 REC / 2011.9.2 UP
                               
"コツジキ・トシ" / 歪ませまくったリズムマシンドラムとベース そこにギターが2本 / ミックス時に歌 / 英詞は間違ってても気にしません
                               「エサをくれ/エサをくれ/エサをやるから水をくれ/水をくれ/水をくれ/水をやるから金をくれ/I live In the beggar city
                                金をくれ/金をくれ/金をやるから夢をくれ/夢をくれ/夢をくれ/夢をやるからエサよこせ/I live in the beggar city/I lost in the beggar city/
                                金をやる/水もやる/すべてやるから時間よこせ/時間よこしたら消えてくれ/時間よこしたら消えてくれ/
                                I live in the beggar city/I lost in the beggar city/I live in the beggar city/I lost in the beggar city」
  
作品No.029 「BREAKDOWN」
2011.8.28 REC / 2011.9.13 UP
                               
鼓動のようなリズムマシンのキック / ディレイのギター2本 / ミックスダウン時にこれまたディレイの歌
                               さいとうたかを?
  
作品No.030 「LAST TRAIN TO EARTH」
2011.8.28 REC / 2011.9.13 UP
                               
ギタートライアンフ×3本+ベース×1本 / ミックスダウン時にリズムマシンでドラムを手打ち演奏
                               タイトルもダッサくて良い感じである / 途中でテンポが変わったり
                                                                                           
▲TOP


 

作品No.031 「RAPID」 2012.1.3 REC / 2012.1.5 UP
                               
2012年に突入しNCTC第2章スタート!
                               ”日本カセットテープクラブのテーマ2”的位置付けの曲が完成!
                               ”RAPID”とは「早瀬・川の流れの早いところ・流れの早い瀬」のことである
                               録音重ね方は元祖クラブテーマと同じ ギター4本+ミックス時1本/ グーピル・チューニング
  
作品No.032 「夢の火」
2012.1.5 REC / 2012.1.5 UP
                               
ベース複音弾き1本 / リズムマシンでメロディとリズムを各トラック / ディレイのトライアンフを1本 / さらにミックスダウン時に1本
                               お正月みたいなのほほんとしたぽわ~んとした曲になった
  
作品No.033 「ZOUZEI」
2012.1.14 REC / 2012.1.14 UP
                               
ワインレッドMTR不調のためTASCAMの黒いデカいMTRにて録音 / この機種はテープ速度を変えられるのでいじってみたり
                               イコライザーをかませギンギンに歪ませたトライアンフ×2 / 歌×1 / 生ドラム×1 / 庶民の悲哀をひとくさり
                               「増税/増税/まだまだ足りない/増税/増税/増税/全然足りない/増税/増税/増税/頭が足りない/増税/むしり取れるだけ/むしり取ればいい/増税」

                                 2012.8.20 UP
  
作品No.034 「LIFELINE」
2012.1.11 REC / 2012.1.14 UP
                               
リズムマシンのドラムを2パターン / 直結ベースを2つ / ミックス時にディレイの歌を乗せる
                               ハイハットがチチチチ鳴ってる曲にしたかったのである マリオの土管の曲みたいな
                               「サテライトの雨/ひっそりと/言葉の縁取り/なぞる/いくら待っても/時間ばかりが/Lifeline is Borderline/Lifeline is Borderline/Lifeline is Borderline/
                                  Lifeline is Borderline/急がない/急げない/意味がない/はずがない/急がない/急げない/意志がない/わけがない/Lifeline is Borderline/
                                  カーボナイトの目を開いて/いくら待っても/時間ばかりが/Lifeline is Borderline/Lifeline is Borderline/Lifeline is Borderline/Lifeline is Borderline」
  
作品No.035 「INTO THE TWILIGHT」
2011.11 REC / 2012.1.21 UP
                               
昨年11月購入のコルグ社のシンセサイザー"microKORG"を使用した音源 その1!!
                               ピカピカしたりふわっとしたり色んな音が出るのである / 3種類の音を使用
  
作品No.036 「FUTURE DANCE」
2011.11 REC / 2012.1.21 UP
                               
こちらも同時期に作ったmicroKORG"音源 その2 / たった2種類を重ねただけ
                               ツマミを捻ればスピードも思いのままなのである / 随分レトロなフューチャーですネ
  
作品No.037 「胎動の時間」
2010.9 REC / 2012.2.4 UP
                               
だいぶ前に録りためてあったものから / ギター3本にベースを1本
                               何かが始まりそうな雰囲気が出てるかしら / ちょっとイースタンっぽいかも うふふ
  
作品No.038 「立春」
2010.9 REC / 2012.2.4 UP
                               
こちらも同じく録りためてあったもの / ギターを指で弾いたのを2種類
                               今日は立春 / 立春といってもまだ寒く 雪もちらつく そんな風景
  
作品No.039 「上の空」
2010.9 REC / 2012.2.11 UP
                               
発掘モノ / ギター2本だけシンプル曲 / 「水源」系かな
  
作品No.040 「ENST」
2010.9 REC / 2012.2.11 UP
                               
こちらも発掘モノ / ディストーションをギンギンにかけたマイクのハウリングを使ったノイズ・ナンバー / テルミンじゃないのにテルミンみたい
                               英語なら"engine stall" 和製英語なら"エンジンストップ" つまりエンストだ / 他に曲名候補で 「ジジイ 餅が喉につまる」 てのもあった
  
作品No.041 「Are You Ready?」
2012.2.17 REC / 2012.2.18 UP
                               
ワインレッドMTR修理&復活後初作品 / 今 日本人が最も聴きたくない音を使ってのダビーで悪趣味極まりない一品
                               しかも揺れを再現するかのような 左右にPANする最悪なミックス
                               作ってて胸くそが悪くなりました / 心臓の弱い人は聴かないでください
  
作品No.042 「(権力に) 恋する民主党」
2012.2.18 REC / 2012.2.18 UP
                               
さっさと消えてほしいが ネタの宝庫ではある民主党を率いる現首相の華麗な演説を拝借 / ディレイをON
                               そこにミックス時と合わせて3つのギターを変則チューニングで / 途中 少しだけFUNK
                               良いこと言ってるけど クタバレ / 「私は権力をあきらめない」
  
作品No.043 「蠢動 (セントラルステーションにて)」
2012.2.28 REC / 2012.2.28 UP
                               
ラップ(?)です!! / 長い!9分を越える長編です / 品川駅の改札で録音した雑踏の音をステレオでMTRに落とし
                               ガットギターでメインリフ+歌いながらバッキング / ミックス時にさらに弾きながらコーラス / 冷たい感じが出てるといいが                              
                               「何も考えていない人たちを見ながら

                                 何か考えているような俺には 答えがない

 

                                 セントラルステーションのロビーに立つ

                                 生ぬるい風が吹いて 寒い

                                 情熱だけがどこかへ どこかへ 消えた

                                 腹が減る音が俺に「ただ生きろ」と告げる

 

                                 工業デザインのような顔をして人々が行く

                                 荒涼とした心象風景は華やかな物質社会の裏返し リバーシブル

                                 青年は老人で 老人は青年か 男性は女性で 女性は男性か わからない

 

                                 ゴザの上を影だけがひっそりと 手をつないだ親子の足元で

                                 袋小路から出てきたネズミが2匹 慌ててまた袋小路へ

                                 ロビーの壁一面のガラス窓の外

                                 折り重なる雲は 低く街を覆っていく 音も立てずに

 

                                 どこから来たの

                                 どこまで行くの

                                 ここが 都だ

 

                                 セントラルステーションのロビーにある

                                 62インチTVに映るニュースに足を止めるものはない

                                 遠い国の破綻 北の疲弊 中東の革命 民衆の蜂起

                                 鯨の座礁 輸出の減少 IAEA 氷河期の幕開け

                                 密室 捏造 見世物 殺人 英雄の不在 スポンサード・ニュース

                                 CM CM また CM

 

                                 一瞬あたりが静かになる

                                 プラットフォームから飛び込む覚悟で生きられたのなら

                                 すぐに雑踏は戻ってくる

                                 行き先を告げるアナウンスも 改札を抜ける男の慣れた手つきも

                                 落し物は蹴飛ばされ すべて雑踏にかき消される

 

                                 あの場所へ行く切符はいくらするのだろう?

                                 俺はカブトガニになりたい

                                 熱を帯びた風が去った街で

 

                                 あれからどのくらい時間がたったのだろうか

                                 これからどのくらい時間が残っているのだろうか

                                 俺が今までしてきたことは

                                 俺が今まで見てきたものは

                                 表現を探すこと自体 

                                 表現を探すこと自体 間違いかもしれないっ!

 

                                 どこから来たの

                                 どこまで行くの

                                 はるかなる日々

                                 行き交う風の

                                 ここが 都だ

 

                                 何も考えていない人たちを見ながら

                                 何か考えているような俺には 答えがない

                                 セントラルステーションのロビーに 俺は立っている

                                 セントラルステーションのロビーに 俺は立っている」
  
作品No.044 「忘れちまった悲しみも」
2012.2.28 REC / 2012.2.28 UP
                               
ガットギターで弾き語りソング / SONYのテレコをテーブルに置いて弾き語ってそれをMTRへ
                               さらに軽めに弾き語って+ギターをもう一個 / 弾いたらポンと出てきた歌詞でとくに中也を意識したわけでなし
                               
「忘れちまった悲しみも/忘れちまった喜びも/灰になるまで/灰になるまで/

                                 聞き返せない答えにも/引き返せない望みにも/いつまでたっても終わらない/台詞を止めて/台詞を止めて/

                                 空は晴れて/いずれまたひとり/

                                 降り止まない悲しみも/降り止まない喜びも/灰になるまで/灰になるまで/

                                 黄昏たら/いつかまたひとり/空は晴れて/いつかまたひとり」
  
作品No.045 「雪がふりつもる」
2012.2.29 REC / 2012.3.1 UP
                               
ガットギターのボディをペチペチ指で叩きながら弾き語り(叩き語り?) / 4トラックでうまいこと
                               昨日降っていた雪を見ながら / 実際猫も歩いてたが肉球冷てぇだろうなあ
                               
「雪がふりつもる/音なんてしない/その上を猫が歩く/音なんて立てない/

                                 頭の中を/のぞいてみたら/雪がふりつもる/息まで白い/

                                 朝起きたなら/アオムシになってた/なんてことはないが/雪がふりつもる」
  
作品No.046 「教育テレビ/理科」
2012.2.29 REC / 2012.3.1 UP
                               
ガットギターインストの小品 / カッティング×2 メロディ×2
                               なんか教育テレビっぽい感じしません? / NHKの方オファーお待ちしております
  
作品No.047 「中東の春」
2012.3.10 REC / 2012.3.10 UP
                               
レゲエっぽいベースを思い付いたと思ったら いつの間にかアラビアンな感じになっていた / 銃声が聴こえるのはArab Spring
                               ベース×1 リズムマシンで リズム×1 メロディ×1 / さらにミックス時にリアルタイムでリズムマシンドラムを指先ひとつで
  
作品No.048 「Mi Corazon」
2012.3.10 REC / 2012.3.10 UP
                               
変則チューニングのトライアンフを4トラック / そしてこちらもミックス時にリズムマシンをリアルタイムで / 指先ドラムも少しうまくなった
                               ストレート過ぎるポップ曲 / スペイン語で「私の心」 / 自然に浮かんだその日に録音してその日に発表する これぞNCTCの醍醐味です
  
作品No.049 「ヒトゲノム解析失敗」
2012.3.10 REC / 2012.3.16 UP
                               
変則チューニングのトライアンフを2種&ベース+ミックス時手打ちリズムマシン
                               最後の方のJAZZYなドラムが楽しい / トンチンカン感を出したかった
  
作品No.050 「フレイザー錯視」
2012.3.10 REC / 2012.3.16 UP
                               
イギリスの心理学者ジェームス・フレイザーが1908年に発表した錯視図形のイメージで / サビのリズムが変
                               変則チューニングのトライアンフをメインリフ×2 メロ×1 / こちらもミックス時手打ちリズムマシン
  
作品No.051 「春の嵐」
2012.4.2 REC / 2012.4.3 UP
                               
2011年の終わりの頃に録音しておいたパワフルなエレキリフにミックスダウン時に生ドラムをステレオで1発録り
                               てことは計6トラックだ / ズンドコリズムとポップなサビがお気に入り / 春の天気は目まぐるしく 今日は嵐
  
作品No.052 「桜まみれ」
2012.4.3 REC / 2012.4.3 UP
                               
こちらも同時期に録音してあったミックス完成済みの4トラックギター曲を 再びMTRにステレオで落とし 残りの2トラックに
                               ステレオで生ドラムを録音 / さらにミックスダウン時に歌を / てことは計7トラックね / 和なコードに和な歌詞だ
                               「大空/見上げりゃ/桜まみれ/桜まみれ/お~い!/軒下で/花宿りしよう/桜まみれ/桜まみれ/桜まみれ/桜まみれ/

                                 老婆の後ろ姿/野良仕事/戻らない/帰りを呼ぶ声/小川は流れ/スズメが跳ねる/ひとひらに/見上げりゃ/桜まみれ/桜まみれ」
  
作品No.053 「PAC3」
2012.4.10 REC / 2012.4.10 UP
                               
“PAC3を配備せよ!PAC3を配備せよ!長距離弾道ミサイルを打ち落とせ!”
                               シールド・ジャックを指で握って発生させたノイズをステレオで / ベースを爪でカッティング / 歪ませたリズムマシンでメロディ
                               ミックス時にキックの効いたドラムを / "PAC3"って湾岸戦争の時とかよく耳にしたパトリオット・ミサイルの改良型のことなのね
  
作品No.054 「歩け!のらねこどん」
2009頃 REC / 2012.4.10 UP
                               
相当前(数年前)に録音した曲 / ストラトで4トラック / ミャオミャオ鳴いて 春の陽気に 気ままに歩くのらねこどん
                               今回は教育テレビの人形劇みたいなイメージで / “いかに"ナシ"なタイトルを付けるか”もNCTCの楽しみのひとつであります
  
作品No.055 「conscious」
2012.4.23 REC / 2012.4.23 UP
                               
最近買った“VOX amPLUG (Joe Satriani Model)”をジャックにぶっ刺して録音したら 80年代ジェフ・ベックみたいになってしまいました
                               最近使っている変則チューニング(通称80sチューニング)にてギター4本+ミックス時にリズムマシンをリアルタイム指打ち / コンシャス=意識のある

                                 2012.8.25 UP
  
作品No.056 「バタイユ」
2012.4.23 REC / 2012.4.23 UP
                               
すべてリズムマシンによる / 4種類の音 / 最初“ゴッドファーザー”のメロディみたいになりそうだった / おフランスの思想家 Georges Bataille
  
作品No.057 「ハーモニカを吹きながら」
2012.5.13 REC / 2012.5.21 UP
                               
ついにハーモニカを吹いてしまった! / リズムマシンにベースが2本 そしてミックス時にハーモニカを一発録り ディレイをかけて
                               明るいような暗いような良い感じだったのはキーがAのハーモニカだったからかな? / 歌詞入りも録ったけどお蔵入り
                               初夏の風を重ねて NCTC初のMUSIC VIDEOも作成 / YouTubeで公開

                                 2012.5.21 UP
  
作品No.058 「AWAY」
2012.5.13 REC / 2012.5.21 UP
                               
WHOを聴いてるせいかピートのようなカッティングに... / ギター4本+ミックス時ディレイ歌 / アオアオ言ってます
  
作品No.059 「航跡」
2011.7 REC / 2012.6.15 UP
                               
LEADⅡによる指弾きのアルペジオを柱に組み立てた小品 / ギター3本+リズムマシン
                               実はGOLDEN用に作ったが披露までたどり着かなかった曲(のひとつ)
  
作品No.060 「希望」
2012.5.13 REC / 2012.6.15 UP
                               
"希望"たぁこれまた大きく出ましたねぇ そうは言っても生きる上で希望は重要なもの / No.057、058と同じ日に録った曲
                               80sチューニング・トライアンフを4本+ミックス時に舌で "コロッ" て音と声を深いリバーブで足す / これにて第2部終了!
                                                                                           
▲TOP


 

作品No.061 「Let’s Do It Yourself」 2011.12 REC / 2012.9.11 UP
                               
グーピル・チューニングLEADⅡ4本+ミックス時1本の無駄なし高速インスト
                               数日前に長いバージョンで清書し直したけれど やっぱりオリジナルの絶妙さには敵わない...
                               というわけで去年の暮れに録音したバージョンで NCTC第3章幕開けです!
  
作品No.062 「シュレッダー」
2012.9.7 REC / 2012.9.11 UP
                               
こちらもグーピル・チューニングLEADⅡをステレオで2種+ミックス時に手打ちリズム
                               カッティングしたかったんです / 適当に歌を乗っけて楽しむべし!
  
作品No.063 「CIRCULATED CITY」
2012.10.8 REC / 2012.10.9 UP
                               
2009年中頃に録ってあったものに歌詞をつけて歌い直す / リズムマシンと歌のみ
                               なんとも気持ちの悪い歌唱法になったのは謎言語の元歌を日本語に変換したから / そして "CIRCULATED" そんな言葉があるかは知らん
                               「歯車で/回るイメージ/大軌道を/巡るその前/薄い図鑑に載るほどどんくさい/気が付けば別の王/あくびへ連なる道筋の/破壊には/

                                 遮断/革命/ひっそり/プリーズ/ポップ/プリーズ/テクノ/おどけた先はミステリー/空に殺されて/寝ころんでる亡命」
  
作品No.064 「巨大なモニュメント」
2012.10.9 REC / 2012.10.9 UP
                               
グーピル・チューニング・アルペジオ曲 / アルペジオ同じのを3つ重ねて+リズムマシン木琴メロ+ミックス時歪ませた手打ちドラムとメロ
                               だだっ広い空間の巨大なモニュメントの前でポカンとしている感じがする
  
作品No.065 「ジャック・デリダ」
2012.10.23 REC / 2012.10.23 UP
                               
80sチューニング・トライアンフ×2種+手打ちリズム / でっかいサウンド / おフランスの哲学者 Jacques Derrida / 響きで
  
作品No.066 「アリが歩いている」
2012.10.8 REC / 2012.10.23 UP
                               
脱力系即興ソング / グーピル・チューニング&ベース / マイクでアタック音も拾ってるのでちょっと部屋っぽい鳴り
                               ぽんとアリが出てきたのはこの時YouTubeで笑い飯の"蟻"のネタを見てたせいかもしれない
                               「アリが歩いている/アリ地獄へ向かっている/なかばやけくそで/スカッとする空を眺めていた/アリを眺め歩くアリを眺めているのは誰だ」
  
作品No.067 「4TRACK DAYS」
2012.10.30 REC / 2012.10.30 UP
                               
80sチューニング・トライアンフのメインギターとティリティリメロ+生ドラムで一丁上がり! / 前にもこんなんなかったっけ? 俺はこんなんが好きなんだろう
  
作品No.068 「Mississippi River」
2012.10.30 REC / 2012.10.30 UP
                               
インチキ・ザディコ(Zydeco)・ソング / ザディコとはルイジアナのアコーディオン・ミュージックである / これはハーモニカだけど しかも百均のやつ
                               複音ハーモニカを2種類+生ドラム+ショートディレイ・LEADⅡ / 途中でダンサブル / イントロで微かにゴミ収集車のメロディが入ってるのはご愛嬌
  
作品No.069 「歩く」
2012.10.30 REC / 2012.11.6 UP
                               
80sチューニング・トライアンフを1&2トラックへ / 直ベースを3へ / 久々の逆回転ギターを4へ / ミックス時に手打ちドラム テイク1発でOK!
                               ずんずん進む感じ / 逆回転は予期しないサウンドになっていいね
  
作品No.070 「夏の行方」
2012.11.6 REC / 2012.11.6 UP
                               
もう秋も酣ですが / 9月4日にフィールド・レコーディングしておいたツクツクボウシの大合唱をステレオで + 5フレ・カポのグーピルLEADⅡをディレイで2種
                               + ミックス時に部屋にぶら下がってる木炭の風鈴を足す / 蝉の声が時にジブリの飛空艇の音のよう / タイトル"忘れもの"にしようかとも思ったり
  
作品No.071 「転んだ子供は起きあがる」
2012.12.19 REC / 2012.12.26 UP
                               
童謡風味のアコギ唄 / 弾き語りを3トラックとEのハーモニカ / 満たされているような澄んでいるような 透明で空虚な感じがするだろか
                               「虫をつかまえた/虫かごもないのに/晴れ渡る空/どこまでも/海に潜った/泳げもしないのに/透き通る空/いつまでも/明日もあさっても/変わらない昼下がり/

                                 風追い抜いた6月の遊び/振り返る空/広がって/歩き出してた/ゆくあてもないのに/遠回りして/帰ろうか/昨日もおとといも/失くしても大丈夫/

                                 転んだ子供は起きあがる/転んだ子供は起きあがる/空の下/虫をつかまえた/虫かごもないのに/晴れ渡る空/どこまでも」
  
作品No.072 「ヴィンセント」
2011.3.21 REC / 2012.12.26 UP
                               
だいぶ前に録音したもの / よく指が動いたもんだ / アコギ指弾きをSONYテレコで録音
                               風の強いアルルの丘でひとり絵を描いているのは  Vincent van Gogh / 正しい読みはフィンセント
  
作品No.073 「水の町」
1999年頃 REC / 2013.1.15 UP
                               
2013年一発目はピアノ・トラック / かなり古いMD(1999年!)から引っ張り出してきたものを律儀にカセットへ / たまに弾きたくなるけどもうピアノはない
  
作品No.074 「Trail on Ice」
2013.1.14 REC / 2013.1.15 UP
                               
こちらも昔(2000年頃)のピアノをステレオで落として ミックス時含め3種のベースをディレイかませて / 昨日の大雪に似合うような 氷の高音ピアノサウンド
                               こんな感じの即興ピアノが他にもいろいろあるがどれも下手くそすぎて重ねにくい...
                               ていうか 俺 昔から家でこんなんばっか録音してたんだな なんてサビシイ人(泣)!(でも楽しい)
  
作品No.075 「国家」
2012.9 REC / 2013.1.21 UP
                               
エレキ2本を左右にデジタル・ディレイでホール的サウンド / ノープランの完全即興だ / "コッ!カッ!"って始まるから国家です
  
作品No.076 「夜に浮かぶ空」
2013.1.2 REC / 2013.1.21 UP
                               
No.073のピアノの逆再生をバックにベースの逆再生 さらにLEADⅡをミックス含め2個 / ズレてるのはいつものことだぜ / 始まる感じ
  
作品No.077 「Teardrops」
2009.7 REC / 2013.3.6 UP
                               
だいぶ前のリズムマシン手打ちによるトラック / メロディふたつに リズムふたつ / 涙が出るほどチープ!
                               これのオリジナルはさらに泣けるほどガラクタなのでボーナストラックにでも~
                               MUSIC VIDEO 第5弾はズームし続ける小品 / フラクタルでレトロなSFになるかと思いきや若干生活感あふれる仕上がりに!

                                 2013.3.19 UP
  
作品No.078 「ALL NEW DEAD ZOMBIES」
2013.3.6 REC / 2013.3.6 UP
                               
ガットギター弾き語りで作ったレゲエ調明るいゾンビ歌 / SONYのテレコで弾き語りを録って TASCAMでガットとLEADⅡ2種をオーバーダブ 
                               ンチャカ♪ンチャカ♪弾いてると楽しいのである / 部屋鳴りのエコーの中で歌って録音するのが一番調子いい
                               「いつからか現れて/いつの間に INTO THE NIGHT/腹をすかして 進む/ALL NEW DEAD ZOMBIES/赤道から極北へ/ジャパニーズエン リラ マルク ダラー/

                                 LANケーブルを綱渡り/行けよゾンビー/生まれながらに死んでる/死ぬことすら忘れたい/苦悩もないが喜びもない/泣くなゾンビー/今日はここまで/

                                 明日はそこまで/明後日はすぐそこ/3、2、1/最初のひとりから/最後のひとりまで/ふりかえる真っ赤なメロディー/コーラン 聖書 ハンムラビ/
                                 1+1が1になる/夢のゾンビー/いつからか現れて/いつの間にか埋め尽くす/腹をすかして 進む/ALL NEW DEAD ZOMBIES/
                                 行けよゾンビー/行けよゾンビー/ALL NEW DEAD ZOMBIES」
  
作品No.079 「HARA PEKO ORCHESTRA DUB」
2013.5.21 REC / 2013.5.21 UP
                               
かなり前に思いついたアレがついに完成した! 前代未聞のノイズトラック / もっとも生々しいノイズは”腹の鳴る音”なんじゃなかろうか ということで挑んだ
                               ところがどっこい これが難しかった / 腹減らすのも大変だし 良い音を鳴らし かつタイミングよく録るのも至難の業 / 何回も試してようやく出来たのがこれ
                               漫画でよく見る”グー”とか”ギュルルル”とかそんな可愛らしいもんじゃなかった / 屁とも見まごうばかりのリアル過ぎる胃液サウンド そして腹の中の共鳴音
                               なんで俺はこんなのを真剣にミックスダウンしてるんだ?と思わなくもなかった ダブ処理を含む4トラック
                               なんか食わせろ! 生命の叫び 生きている証 それが腹ペコオーケストラ!/ ハンガーストライキ for ミュージック!
  
作品No.080 「KAZENO」
2013.5.6 REC / 2013.5.21 UP
                               
"風野" / こちらは今年も新緑が素晴らしかったので その映像作りありきでこしらえたナンバー
                               しかもZOOMのデジタルMTRまで使ってしまって計6トラック / トライアンフ×4 打ち込みリズムマシン×1 KORGシンセでピロピロ×1
                               ”ハーモニカを吹きながら”でも出てきたいつもの裏の空き地も 野良猫も登場するMUSIC VIDEO第6弾 / 片雲の風に誘われて 五月の風野を駆け抜ける

                                 2013.5.21 UP
  
作品No.081 「赤紙はPDFで来る」
2013.7.15 REC / 2013.7.16 UP
                               
爽快な轟音のイメージで / グーピル・チューニングLEADⅡを直で3トラック + リバーブ歌をひとつ + ミックス時に直で歌
                               「退屈な町に/原爆が落ちる/大空を焦がす/乱舞する光/平熱の嘘に/落下する夏に/領域を越えて/残像で終わる/赤紙はPDFで来るだろう/

                                 天国に浮かぶ/野っ原で眠る/交差する風(影)に/善悪が消える/晴れ渡る午後に/夢見る夜に/沈黙の朝に/押し黙る日々に/
                                 赤紙はPDFで来るだろう/PDFで/PDFで/PDFで/退屈な町に/台風が来てる/遠くの雲が/そこまで来てる」
  
作品No.082 「地獄小唄」
2013.7.16 REC / 2013.7.16 UP
                               
鼻歌で作った作品 / だからコードがよくわからんのでリズム押し(笑) / リズムマシンを手打ちで2つに ミックス入れて歌が3種
                               「一寸先が面白い/息を殺して行こう/五臓六腑は風になる/言葉は花になる/流行発布の落とし文/遠い甘酒の匂い/夜店を畳んで何処へ行く/

                                 テキ屋の影法師/行方を知らぬ魂が/見知らぬ花になる/宇宙のラッパが鳴り響き/故郷の夢を見る/人間たちを踊り食い/この星の夢を見る/

                                 善人ばかりじゃ味気ない/極楽で鬼に出会う/悪人ばかりじゃ反吐が出る/地獄で仏に出会う/廻船問屋の笑い声/徳政令の町/街道沿いの晒し首/
                                 ひとり風野歩く/行方を知らぬ魂が/見知らぬ石になる/一寸先が面白い/息を殺して行こう/一寸先が面白い/息を殺して行こう」
  
作品No.083 「リージョン9」
2013.7.17 REC / 2013.7.29 UP
                               
透明なアルペジオを聴け / ノーマル・チューニングのテレキャスターをステレオで + 百均複音ハーモニカにリバーブ + 裏声リバーブをミックス時含め2種
  
作品No.084 「月が出たなら (山下清に捧ぐ)」
2013.8.11 REC / 2013.8.12 UP
                               
昨年著作を色々読んでとてもよかったので 画伯で1曲作りたいと思ってまして / この歌詞で2曲ボツになって3度目の正直で完成
                               トボトボ歩く感じとちょっと和な感じがするかしら / テレキャス直で2種と歌いながらトライアングル+ミックス時にギターもう1つ
                               結構著作のイメージに忠実 / 最後の歌詞は辞世の言葉です / 興味ある方は是非 / まあ捧げられても困っちゃうだろうけど
                               「今夜は月がきれいだから/明日はここを抜け出そう/ここはなんだか窮屈すぎて/誰にも気付かれないように そっと/空は続いている/ララララ/

                                 下駄を鳴らして/歩く/空を千切って画用紙に貼り付ける/また放浪がしたくなる/兵隊にはなりたくない/殺されてしまうから/空は続いてる/ララララ/

                                 下駄を鳴らして/歩く/放浪の果ては何もない/何にもない場所を目指して/月が出たなら/月が出たなら/今年はどこの花火を見に行こうかな」
  
作品No.085 「塩道」
2013.8.12 REC / 2013.8.12 UP
                               
このために三線を買ったといっても過言ではない / なんちゃって島唄完成 / 母方の故郷である鹿児島県の喜界島(奄美大島のそば)を歌う
                               島の方言を母の記憶を頼りに聞き出して作詞 / 方言は面白い 下手すると本土で失われた古代日本語(大和言葉?)に近かったりするようだ
                               家のある塩道(地名)の前にはとてもきれいな白い砂浜があったのだけれど ここ20年くらいで 仕事のない島の土建屋がコンクリで埋め立てて
                               ひどいものにしてしまった / 自分たちの土地の自然の素晴らしさに気付かない地方ではよくあることだろうが こうして自然は消えていくのだろう
                               2001年 最後に訪れた時に録音してあった潮騒のステレオに三線を2本+ミックス時に歌
                               作った曲は多少明るいけど本当の喜界島の島唄は琉球民謡と違ってもっともの悲しい / 津軽民謡とかに近い感じ
                               「しみちながふぁまよ(塩道長浜よ)/てぃんとーゃ潮騒ぬ(空は潮騒の)/わんなーやー うまーじゃーでっか(私の家 ここはどこですか)/
                                 うにふぁてぇに はでぃがちゃんどー(さとうきび畑に風が来た)/しろすなーゃー いまいずこ(白い砂は今いずこ)/ふぁしゆんはでぃよ(走る風よ)/
                                 ジャナぬやんめぇーじ ふぁふぃらーうどぅゆぃ(ジャナの庭で蝶が踊るよ)/ガジュマルゃゆりかごぬ(ガジュマルはゆりかごの)/アカショウビンがなちゅんどー
                                 (アカショウビンが鳴いているよ)/てぃだがてぃっくっしゅんだけ(太陽が照りつけるだけ)/さやぐ波よ(さやぐ波よ)/とぅーき夢よ(遠き夢よ)/
                                 しろすなーゃー いまいずこ/しろすなーゃー いまいずこ/しろすなーゃー いまいずこ/夢ぬしみちながふぁまよ(夢の塩道長浜よ)」
  
作品No.086 「EO (beat goes on)」
2013.8.11 REC / 2013.8.12 UP
                               
テレキャス&歌×2セット+ミックス時手打ちドラムを / ノリノリでパーカッションが効いてるこの曲の仮タイトルは“天使を憐れむ歌”でありました
                               「突き刺さる風は/きりもみの/機械仕掛けを/吐き捨てる/Sing A Song, Secret Song/In The Feedback/リズムっ外れの/太陽に/
                                 沈みゆく太陽/追い越して/踊りだす影を/引き連れる/行き止まりで得体の知れないBetter Better Better World/失速する光に出会うだろう/

                                 いつまで続く/いつまでも続くのか/Sun Rises (Let's go EO, beat goes on)/Sun Goes Down (Let's go EO, beat goes on)/

                                 Sun Rises (Let's go EO, beat goes on)/Sun Goes Down (Let's go EO, beat goes on)/いつまで続くのか (Let's go EO, beat goes on)/

                                 いつまでも続くぬかるみぞ (Let's go EO, beat goes on)」
  
作品No.087 「あなたにグッバイ」
2001.7.31 REC / 2013.8.12 UP
                               
NCTC1の「グッバイ」の2といった趣で / ステレオでガット弾き語り×2回+ミックス時ガットもう1本
                               「ステレオの中から流れてくる/夢で聴いた歌/響く部屋に俺はいて/幼い心に/あなたはすらりと言う/“グッバイ”/青く澄んだ道/永遠の音楽の続きを/

                                 何度も振り返って/このドアを開け/あなたに/“グッバイ”/“グッバイ”/“グッバイ”/“グッバイ”」
  
作品No.088 「UNDER THE BLACK SUN」
2001.2.16 REC / 2013.7.29 UP
                               
これまた古いやつを引っ張り出して / 12年眠っていたピアノ曲でござい
  
作品No.089 「天気雨」
2001.9.7 REC / 2013.7.30 UP
                               
こちらもひと昔前のリズムマシン打ち込みで作られた曲 / MDに録音するときにデジタルディレイとフランジャーをかけてダビーに
                               疾走感とドラムのバシャバシャした感じが天気雨っぽいでしょう? / 長すぎるのでHP用はショート・ヴァージョンを載せてあります
                               あっ この曲と↑88と↓90はMD音源だからカセット通してないや / この3曲は『日本ミニディスククラブ』ということで
  
作品No.090 「SUMMER」
2002.8.4 REC / 2013.7.30 UP
                               
そしてNCTC3のラストを飾るのは 不思議なハーモニーのリズムマシン打ち込み曲 / 和な感じと洋な感じが混ざり合ったような / 冷たい夏?
                               こちらもMDに録音するときにデジタルディレイでダブ / オリジナルは10分以上と長すぎるのでHPはショート・ヴァージョンでどうぞ
                                                                                           
▲TOP


 

作品No.091 「新月」 2014.5.27 REC / 2014.5.28 UP
                               
NCTC第4章突入 / 第4章のなんとなくのテーマは"夜"でいきます
                               オープニングを飾るのはレトロなSF映画のような曲から! / 使用機材はコルグ社のシンセサイザー"microKORG"のみ使用トラックは2トラックのみ
  
作品No.092 「ENGINES OF THE NIGHT」
2014.5.28 REC / 2014.5.28 UP
                               
80sチューニング・トライアンフのでっかいリフを3つ重ねてリズムマシン手打ち / ここまでは2013年5月に完成していて
                               さらに歌を3つ ちょいとズルしてZOOMのデジタルMTRでオーバーダブ / 相変わらずの中学生英語である / 爆音再生で頼みます
                               「Engines of the night/Human life/Engines of the night/Human Race/Where is my eye?/Where is my head?/Where is my eye?/Where is?/
                                 Engines of the night/Human life/Engines of the night/Human Race」
  
作品No.093 「ミッドナイト」
2014.7.16 REC / 2014.7.16 UP
                               
やっとできた! NCTC4はこの曲のために作ったと言っても過言ではない!/ トライアンフの80sチューニングもこのためだったと言っても過言ではない
                               このなんとも小学生並みの世界観 仮タイトルは"SUPER 80s"だ! / 初期安全地帯風の歌唱も相まって80年代テイストたっぷり
                               カセットMTRでギター2本→ZOOM MTRにてリズム手打ち+ギター3トラック+歌4トラックと豪勢に
                               「次の街は/空の中/Oh ミッドナイト/浮かぶ風/光る汗/Oh ミッドナイト/ミッドナイト 胸騒ぐ夜/ミッドナイト 背を向けても/ミッドナイト 手を伸ばして/
                                 ミッドナイト/MIDNIGHT 飛び込んで/MIDNIGHT 走り出して/MIDNIGHT 迷い込んで/MIDNIGHT 走り去って/MIDNIGHT 飛び込んで/MIDNIGHT 走り出して/

                                 MIDNIGHT 迷い込んで/MIDNIGHT 走り去って/MIDNIGHT NEVER STOPPIN'/MIDNIGHT NEVER STOPPIN'/MIDNIGHT NEVER STOPPIN'/MIDNIGHT NEVER

                                 STOPPIN'/MIDNIGHT NEVER STOPPIN'/MIDNIGHT NEVER STOPPIN'/MIDNIGHT NEVER STOPPIN'/MIDNIGHT NEVER STOPPIN'/次の街へ/夢は風/

                                 Oh ミッドナイト/Oh ミッドナイト/ここはミッドナイト/MIDNIGHT NEVER STOPPIN'.../MIDNIGHT...」

                                 2015.4.15 UP
  
作品No.094 「不安の虚像」
2011.1.25 REC / 2014.7.16 UP
                               
数年前のもの / はじめに生ドラムを録音してから LEADⅡを3種オーバーダブ おそらくグピ・チューニングであろう
                               不穏な感じが良い 即興ならではの妖しさ / タイトルは諸☆大二郎先生「不安の立像」より拝借
  
作品No.095 「カセッタブル・ラジオ」
2014.8.6 REC / 2014.8.9 UP
                               
80sチューニング・トライアンフ×2種+生ドラム+ミックス時にラジオで味付け / Bメロで ちょっとジミヘンみたいなリフ出た
                               流れるラジオはAFN (AM 810kHz)
  
作品No.096 「悲しいビート」
2014.8.7 REC / 2014.8.9 UP
                               
こちらも80sチューニング・トライアンフ2種+生ドラム / ミックス時にコルグのシンセを弾く / そしたらなんだか少しもの悲しい感じになった
  
作品No.097 「陽炎」
2014.8.6 REC / 2014.8.20 UP
                               
デジタル・ディレイをかけたエレキ+ミックス時にこれまたディレイをかけてリズムマシンを手打ち / 遠のく陽炎
  
作品No.098 「夜の神輿」
2014.8.19 REC / 2014.8.20 UP
                               
蜩 夜店 境内 やくざ 銃声 祭囃子が止む
                               いろんな所から音を拝借して(笑)仕上げたトラック
  
作品No.099 「ハイウェイ・ガラン」
2014.9.28 REC / 2014.9.28 UP
                               
久々の歌詞多め曲!(で、まとめるのにひと苦労) / ガランとしたハイウェイで ハイウェイ・ガランです!
                               リズムマシン手打ちでオケをカセットに録って それをZOOMに落としてベース音打ち込み さらに数個歌を重ねる
                               歌が所々ステレオなので 左側が左の歌詞 右側が右の歌詞でございます / 非日本語の仮歌もほんのり残してある                              
                               「ステンドグラスと横切る鳥の影

                                 静寂 耐久性を欠いた車道

                                 ブレーキ 見渡すどこまでも続く

                                 シュッと歩き出すハイウェイ・ガラン

 

                                 炎天下の直線に

                                 いる亡霊はいつかの王

                                 響いてるヴィブラフォン

                                 たなびく雲の峰

 

                                 I shall not return to the past

                                 I walk into this future

                                 栄華 揺らでいた王の道

                                 ガラン・グラン 引き千切られた王の道

 

                                 アスファルトのパノラマは                          軽快 哨戒 発生する陽炎の舞

                                 It's fine It's fine                                      逃げ水を飲み干して

                                 空白を吸い込んで                              打ち捨てられたハイウェイカー 

                                 It's fine It's fine                                           併走するキャピタルゴースト 

                                 大手を振って 進む                                          四次元交差の街 とどまる理由もない

 

                                 You know WHY I know You know I know and know the border

                                 誰かの Say Hello いつかの Say Hello

                                 いつまでも転がるダイス

                                 居留守だらけの神の使い

                                 いつまでも転がるダイス

                                 居留守続ける神の使い

                                 酸素を吸い込み駆け出したい

                                 どこまで走れるのか ジャスカ ハイウェイ

 

                                 ガラン・ドローン 静かな王の道 

                                 グラン・ドラーン 誰もいない王の道

 

                                 ガラン・ドローン 静かな王の道                      アスファルトのパノラマが 誘い出す風のゴースト 

                                 グラン・ドラーン どこまでもハイウェイ・ガラン              すれ違う亡霊は いつかの王」
  
作品No.100 「DAYS ON MY MIND」
2014.9.24 REC / 2014.9.27 UP
                               
そして ついに日本カセットテープクラブ記念すべき100曲目に到達!
                               トライアンフ・ノーマルチューニングで録音したギタートラックをこれまたZOOMに入れて ベース直結&ドラムリズムマシン手打ち&歌メインとサブ
                               ちょっと豪華な曲になりました / GOUPILの練習テープに重ねたらしく最後にチラリと(笑) / それでは次は200曲目指してGO-!

                               「目覚めは浅い光で/閉ざされた GOOD OLD DAYS/瞳は丸い宇宙で/閉じ込めて SAY GOOD-BYE/回り出す CRAZY SILENT FILMS GONE BY/
                                 DAYS ON MY MIND/KNOCKIN' ON YOUR SUN/KNOCKIN' ON YOUR DOOR/KNOCKIN' ON YOUR MIND AWAY/DAYS GONE BY/永遠の灰/
                                 JUST A WALK IN THE SUN」
  
作品No.101 「DRY」
2014.9.16 REC / 2014.10.4 UP
                               
秋を思わせるアコーディオンな乾いたサウンドの曲をひとつ
                               4月に録っておいたディレイの80sチューニング・トライアンフにリズムマシンの"DRY"というキットでメロディとリズムを手打ち入力
  
作品No.102 「ヌーが布団の中で泣き叫ぶ夜」
2014.9.25 REC / 2014.10.4 UP
                               
変わりましてこちらはトラベリングギターに5フレ・カポをしてソニーのテレコで録音
                               なんとなくフォーキーな夜 / なんとなくそんな匂いがするタイトル / 絶妙な夜のニュアンスを出すのに何度も録り直したのです
  
作品No.103 「エレベーター・アクション」
2014.9.16 REC / 2014.10.8 UP
                               
あなたは知っているだろうか その昔"エレベーター・アクション"という名作ゲームがあったのを / ファミコン版しかやったことないけど アーケード版もあったらしい
                               今回はそのテーマ曲を大胆にカバー! / 実際の音源を使い(タイトーさん、すんません) グピ・チューニングのLEADⅡやリズムマシン手打ちを
                               あれこれ混ぜ合わせてZOOMでうまくエディットして完成 / ロックンロールな仕上がりだ/ ピチュンピチュンと鳴る効果音がいいでしょ
                               俺の中でファミコンで夜な感じの曲といえば これとあとアーバンチャンピオンだな(笑) / © TAITO
  
作品No.104 「THE GIRL FROM MARS」
2014.10.8 REC / 2014.10.8 UP
                               
打って変わってこちらはガレージ・バンドが作りそうなタイトルのちょいSFナンバー / 後半のガレージ・サウンドへの劇的変化っぷりをお聴きあれ!
                               前半はアコギと歌で4トラック / 後半はGOUPILのスタジオ練習の休憩中に録った小嶋ドラムに黒LEADⅡをステレオで2種類+ミックス時に歌
                               ラストの辺でちょっとフリクション入っちゃったのはご愛嬌 / 火星に海はなかったような気がする
                               「THE GIRL FROM MARS/WALKS THROUGH THE CITY/ILLUSION LYNCH/SATELITTE BOMB/LIFE IS BORED/LIFE IS BORED/COLD DEAD VALLEY/

                                 THE GIRL FROM MARS/浮かぶ操車場の外れは穴の開いた渦の向こう/THE GIRL FROM MARS/GOES OUT OF THE CITY/FOSSILIZED TIME/

                                 DISTORTION OF SPACE/うつろな風はマロニエのオゾン/ここはどこ わたしはだれ/帰る場所は火星の海の底/THE GIRL FROM MARS/THE GIRL
                                 FROM MARS/THE GIRL FROM MARS/THE GIRL FROM MARS」
  
作品No.105 「半月」
2012.10 REC / 2014.10.17 UP
                               
KORGのシンセで またちょっとSF風で映画風な1曲 / 1:40のフワーっていう音が聴きどころ
  
作品No.106 「ゾウリムシ」
2012.1.5 REC / 2014.10.17 UP
                               
体長90~150μmの単細胞生物になった気分を音にするとこんな感じになります 間違いないです
                               ベースを2本+トライアンフをはじきながら弾く+ディレイでもう1本 / 即興演奏であ~る
  
作品No.107 「リトル・パレード」
2014.9.2 REC / 2014.11.5 UP
                               
小さな町の小さなパレード / 晴れて空気は乾いているかな / 上昇するコード
                               SONYのテレコで録った5フレカポのトラベリングギター曲に黒LEADⅡを2種類とリズムマシンを手打ちで
  
作品No.108 「フォニー」
2014.11.4 REC / 2014.11.5 UP
                               
徒然に言葉遊びでずっと歌ってるような ちょいとのほほんとしたコーラス曲
                               カセットに録音しておいた 自然にできた良い感じのベースを元にZOOMを使ってメイン歌1つ サブ歌2つ コーラス2つ と色々重ねて完成
                               「頼みの綱はいつ切れるのかなそれを目の前にして/音叉をなでるその手つきが妙になまめかしいフォニー/東の空から西の空から降るリズムに合わせ/

                                 それ見たことかとリードギターをかき鳴らすのは誰/たぶん わかってる/たぶん 忘れてる/意味取り替えてひっくり返してはまた元通りのサニー/

                                 カセットの爪を折りそびれたら息も絶え絶えのソニー/夕立にまぎれ遠ざかったり近づいたりするのは誰/それ見たことかと宙に舞い上がりながら歌ってる
                                 のはフォニー/喜びもない/悲しみもない/そんな世界なら/抜け出していく先はまるで紫の夕闇が崩れ落ちる砂の最後の粒は変な形だったのさフォニー」
  
作品No.109 「イン・ザ・ナイト」
2014.11.18 REC / 2014.11.18 UP
                               
イコライザーを通したマイクでアコギ弾き語り / メイン弾き語りにサブ2種類+ミックス時にアコギ重ね / ドゥダンダンダドゥダン...
                               「IN THE NIGHT 淡く 忘れる/夢見て 眠る/IN THE NIGHT 淡く 消えゆく/夢見て 笑う/羊雲 誘う/IN THE NIGHT 淡く 響いた/耳鳴りの風/

                                 IN THE NIGHT 淡く 広がる/目の裏の虹/その音を見せて/その色を聞かせて/ドゥダンダンダドゥダン.../意味はまだないが/雲間から覗く/
                                 神は目をつむる/薄紅の夜明け/ドゥダンダンダドゥダン...」
  
作品No.110 「カラクリ ワルツ」
2010.9 REC / 2014.11.18 UP
                               
随分前に録った小品 / 少し寂しげな 少し悲しげなからくり人形のような そんなワルツ / どのギター使ったっけな
  
作品No.111 「のらねこどんは夢の中」
2011.7.27 REC / 2014.11.26 UP
                               
うたた寝しているのでしょうか のらねこどんは夢を見ているようです / エレキが4本
  
作品No.112 「夜の口笛」
2011.10 REC / 2014.11.26 UP
                               
SONYのテレコで部屋でアコギと口笛でこの緩さでオッケー
  
作品No.113 「あやしいやさしさ」
2011.2 REC / 2015.1.4 UP
                               
アコギ+エレキ2本+ミックス時生ドラム / ゆるいインスト 当然1発録り / 俺の曲はたいてい(技術的に)あやしいが (笑)
  
作品No.114 「旅立ちの横浜」
2015.1.3 REC / 2015.1.4 UP
                               
ついにカセクラに歌謡曲か!? / 柴田恭兵先生みたいなちょっぴりダサい(良い意味で!)アダルティーな歌謡曲を作ろうとしたのに中途半端な陽水
                               みたいになってしまった(笑) / マイナーコード使ったり 男と女を歌わないとダメなのか? ムズいな歌謡曲... ていうかそもそもの歌唱力がトホホ...(笑)
                               これが成功か失敗かはあなた耳でお確かめあれ / もっとダッサい感じにしたかったな~  ていうか正月から何やってんだ、俺は?(笑)
                               LEADⅡのグピ・チューニングに3フレ・カポ付けて弾き語り+生ドラム+ミックス時入れてギター2本
                               「飛び交うカモメの群れ/海風に汽笛が舞う/砂の城は夢と消えて/観覧車はまた戻ってくる/横浜は旅立ちの町/さよならははじまりの歌/
                                 千の鳥が歌いながら/誘い出す新しい未来へ/波間に消える港の灯り/見上げたその瞳に朝日が映る/シャララララ ララララ/
                                 シャララララ ララララ/シャララララ ララララ/旅立ちの横浜」
  
作品No.115 「シティ・ライツ」
2015.1.12 REC / 2015.1.13 UP
                               
CITY LIGHTSな曲できた / 黒LEADⅡ2本 歌2種 ミックス時に歌
                               「City Lights/密やかに/City Lights/影だけが/City Lights/雲間から吹き下ろす風/ある日のこと/俺の頭の中から/誰かが這い出して/俺に言う/

                                 Ah 気を付けろ/Ah まもなく/Ah 世界は/Ah 閉ざされる/化石の森/失われたドア/笑みを浮かべている/その男/Do you believe?/Feeling Confusion/
                                 City Lights/City Lights/City Lights/City Lights/Feeling Confusion」
  
作品No.116 「DAY BYE」
2015.1.12 REC / 2015.1.13 UP
                               
デーバーイな曲できた / こちらも黒LEADⅡ2本 歌2種 ミックス時に歌とギターを / 曜日を歌うのはとてもスタンダードなことであーる
                               「Day Bye/Stairway/Day Bye/Stairway/Day Bye/Monday(Tuesday)Wednesday(Thursday)/Day Bye/Fridy(Saturday)Sunday(Monday)/Day Bye/

                                 何も言わず(Passed By/Days Gone By)/Day Bye/何も残さず(Passed By/Days Gone By)/Day Bye/Day Bye/Day Bye/昨日(今日)明日(明後日)/

                                 Day Bye/空(雲)光(影)/Day Bye/Monday/Tuesday/Wednesday/Thursday/Fridy/Saturday/Sunday/Day Bye」
  
作品No.117 「ミラージュ」
2012.1 REC / 2015.1.26 UP
                               
透明感のあるボサノバ風インスト / ミラージュとは蜃気楼のこと
                               この頃GOLDENでこういう曲をやってたから無意識で似たのができたのかも / ギターはトライアンフで指弾きっぽいな

                                  2016.5.5 UP
  
作品No.118 「サルバドール・ムーン」
2015.1.26 REC / 2015.1.26 UP
                               
VOXのJoeSatrianiプラグをかませたグピ・チューLEADⅡを3種と手打ちリズムマシン
                               曲名はちょっとキャラが似ている気がする"サルバドール・ダリ"と"キース・ムーン"から
  
作品No.119 「残響」
2014.4.17 REC / 2015.2.1 UP
                               
トライアンフにリバーブをたっぷりかけて潔く一本勝負
  
作品No.120 「満月」
2014.5.27 REC / 2015.2.1 UP
                               
KORGシンセにて / なんだか高島屋を髣髴とさせるメロディだ(笑) / これにて第4幕終了!
                                                                                           
▲TOP


 

作品No.121 「BLACK BOX」 2015.4.29 REC / 2015.4.29 UP
                               
NCTC第5章突入!
                               NCTC5の先陣を切るのは今年1月にGOUPILでのスタジオで収録(収穫?)したフィードバック・ノイズだ!
                               もちろんギターはLEADⅡ! 「音は時に言葉より饒舌」 そんな思惑で行くぜ
                               我々の生きている世界はまさに“BLACK BOX”
  
作品No.122 「アトミック・プロトコル」
2015.4.26 REC / 2015.4.29 UP
                               
こちらも偶然収穫された奇天烈なノイズに 手打ちのリズムマシンでHipHop的味付けをした1曲
                               このピキュピキュした謎ノイズはVOXのJoeSatrianiプラグが電池の切れる寸前に出した悲鳴だ
  
作品No.123 「Mars Pathfinder」
2015.4.28 REC / 2015.5.7 UP
                               
ギターっぽい音だけどすべてリズムマシンでちょっとマシン的なサウンドで その名もマーズ・パスファインダー!
                               リズム打ち込みにくいなと思ったら 5拍子と8拍子を行き来しているせいだった / 作った時は拍子のことなんて何にも考えていなかったのである
  
作品No.124 「Reboot (YOUR HEAD)」
2015.4.28 REC / 2015.5.7 UP
                               
これまたちょいHipHop的リズムに乗せてちょっと物悲しげなピコピコにミックス時にLEADⅡでアドリブを
                               1:07あたり ギターのカッティングがうまくはまってちょっとグルーヴが出ていてたのしい
  
作品No.125 「蟹工船クルージン」
2015.6.24 REC / 2015.6.24 UP
                               
直結LEADⅡ弾き語りをミックス時含めて3種類+ZOOMにてリズム手打ち入力 / 蟹工船でクルージン!
                               「薄目を開けにごらせて/閉じ込められた風景は/加速してゆく人の群れ/サンドバッグなら破れるさ/こぼれ落ちる砂の合図/薄れてゆく町の影/

                                 沖の風に飛び乗って/夕暮れまでの風景を/眺める目に焼き付けて/我に返る暇もなく/大海原の蟹工船/大海原の蟹工船/大海原の蟹工船/

                                 大海原の蟹工船/いつまでも続く航海/いつの間にか終わる航海/風に浮かぶしゃれこうべ/季節外れの大航海/背後で 笑う流星/夜に浮かぶ蟹工船/

                                 俺の頭が割れそうだ/蟹工船クルージンソーファー/笑い転げるくらい/沖の風に飛び乗って/夕暮れまでの風景を/眺める目に焼き付けて/

                                 叫ぶ声も海の上/枯れる声も空の果て/大海原の蟹工船/大海原の蟹工船/大海原の蟹工船/大海原の蟹工船/大海原の蟹工船/大海原の蟹工船/

                                 碇を上げて進む/大海原の蟹工船」
  
作品No.126 「サンレイン」
2015.4.26 REC / 2015.6.24 UP
                               
LEADⅡをミュート多用で4種類 / 天気雨というか太陽の雨というか そんなのを思わせるインストゥルメンタル
  
作品No.127 「ワウ・マシーン」
2015.7.8 REC / 2015.7.8 UP
                               
ここに来てワウ・ペダル登場!JimDumlop社のCryBaby / 6弦を1音下げのLEADⅡにワウをかませて2種+リズム手打ち
                               気分はジミヘン / ちょっと長めでどうぞ / ラストの辺がお気に入り
  
作品No.128 「NEO SOULS」
2015.7.8 REC / 2015.7.8 UP
                               
ワウで遊んでいたらザ・ジャム丸出しのような曲ができてしまった! / こちらも6弦1音下げでLEADⅡ1本+リズム手打ち
                               どうせならということでドラムの音も「ALL MOD CONS」あたりのリック・バックラーの気分で / ブルース・フォクストンはいません
                               向こうがザ・ジャムならこちらはザ・マーガリンに曲名をしようかと思ったがそれじゃあんまりなのでこのタイトルで
  
作品No.129 「ザ・ノイズ」
2015.12.31 REC / 2016.1.3 UP
                               
大晦日に何やってんだ俺は!(笑) / 大掃除ついでに引っ張り出してきた6トラックのブラックTASCAMで一発録音!まさにノイズ!
                               さらに久々の更新となった今作から最終兵器が登場 その名も“哲義VAI”モデル! フロイドローズが付いた危ないギターだぜ
                               そして間にかませたのは最近購入したBlackstarのミニアンプ / こちらも初登場!
  
作品No.130 「LAND」
2016.1.2 REC / 2016.1.3 UP
                               
元旦から何やってんだ俺は!(笑) / 元旦に録ったギターに 2日にギターとリズムマシンを手打ちで重ねたコードものインスト
                               マンネリなんかはなんのその!の精神で今年も録音いたします!
  
作品No.131 「ウォー・メイカー」
2016.1.19 REC / 2016.1.20 UP
                               
あれ、ギャング・オブ・フォーかな? ...いいえ!日本カセットテープクラブです!(笑)
                               久々の正統バンド編成な曲 / リズムマシン手打ち+ベース+LEADⅡ+ZOOMで歌とコーラス / 発音は合っているのか?(笑)
                               ウォー・メイカーはどいつだ?
                               「mistake or arbitrariness(訳:間違いかそれともわざとか)/mistake or arbitrariness/mistake or arbitrariness/mistake or arbitrariness/

                                 白い鷲が飛びたつ/クレムリンが目を覚ます/mistake or arbitrariness/mistake or arbitrariness/mistake or arbitrariness/mistake/また眠れない/

                                 火に油をぶち込んで/銃をアラブにぶち込んで/ただの迷走/ただの喧騒/ただの礼装/ただの商売/ただの戦争/WAR MAKER/ただの迷走/

                                 ただの喧騒/ただの礼装/ただの商売/ただの戦争/それでもまだまだまだまだ/WAR MAKER/WAR MAKER/やつはWAR MAKER/ただのWAR MAKER」
  
作品No.132 「BAD JEWEL」
2016.1.20 REC / 2016.1.20 UP
                               
80s FUNK! これは決まった!
                               LEADⅡにてメイン+リズム2種 こちらもZOOMで手打ちリズム2パターンとボーカル2つ
                               どうですか!皆さん!BAD JEWEL(悪い宝石)ですよ!時代と書いて"とき"と読ませますよ!
                               今時こんな曲なかなか作れませんよ! このダサさがいいんです バッ!ジュウォッ!
                               「時代(とき)のリズムに合わせ踊る 移り気なあなたの目に 映し出された街は虚ろ その瞳は 輝いたBAD JEWEL」
  
作品No.133 「表象」
2016.1.17 REC / 2016.1.27 UP
                               
出たー!両手とも2本指タッピング!
                               昔取った杵柄だ!(取ってないけど) / 今までの曲の中で一番の高等技術
                               完全にJoeSatrianiの影響です
                               そして LEADⅡはタッピングに向いてない(笑) でもがんばった!
  
作品No.134 「NUCLEARANCE」
2016.1.11 REC / 2016.1.27 UP
                               
LEADⅡを歪ませてハードに & ミックス時にリズム手打ち / 通称「ドドテロレ」 / "ニュークリア+クリアランス"
                               GOUPILでスタジオで試したが そうでもなかった記憶がある(笑)
  
作品No.135 「22せいき」
2016.2.9 REC / 2016.2.9 UP
                               
ついにmicroKORGのボコーダーの出番だ!テクノだ!
                               リズムマシン手打ちでオケを作ってZOOMに移して歌入れ!良い声
                               「きゃぴたる・きゃぴたる・るるるるる

                                 きゃぴたる・きゃぴたる・るるるるる

                                 きゃぴたる・きゃぴたる・るるるるる

                                 きゃぴたる・きゃぴたる・るるるるる

 

                                 わーるどわいど・てろりずむ

 

                                 こーるどうぉー・こみゅにずむ

                                 かたすとろふぃ・のすたるじー

 

                                 とぅえんてぃせかんど・せんちゅりー

 

                                 きゃぴたる・きゃぴたる・るるるるる

                                 きゃぴたる・きゃぴたる・るるるるる

                                 きゃぴたる・きゃぴたる・るるるるる

                                 きゃぴたる・きゃぴたる・るるるるる」
  
作品No.136 「I.M.O.」
2016.2.3 REC / 2016.2.9 UP
                               
FUNK再び! イモっぽいFUNK(仮タイトルは"イモFUNK"だった)なので「I.M.O.」だ

                               かなりトーキング・ヘッズ+サンタナ /  いや トーキング・ヘッズ自体「REMAIN IN LIGHT」あたりはサンタナの匂いもするしな!(言い訳)
                               バッキングは黒LEADⅡ メロディは哲VAI / ZOOMでリズム手打ちとメロディ 
                               そうだなあ 何の略称にしようかなあ "インターナショナル耳かきオリンピック"でどうだろう?(笑)
  
作品No.137 「HARD SURF」
2016.1.1 REC / 2016.2.13 UP
                               
元旦のブラックTASCAMセッションより / 哲VAI2種に手打ちリズム
                               ハードなサーフ・サウンドといった趣き テケテケテケテケ
  
作品No.138 「KINDNESS」
2015.8.18 REC / 2016.2.13 UP
                               
こちらは久々に哲VAIを引っ張り出した時に弾いた完全即興曲
                               遊びとは言え何とも言えない良さがあるのでそのままでど~ぞ
  
作品No.139 「寝耳に雪」
2015.10.21 REC / 2016.2.17 UP
                               
ガットの4フレにカポ それを2種とボディをポコポコ叩く
                               ひゃっこいタイトルにしました / 即興だな
  
作品No.140 「Memories記憶」
2016.2.9 REC / 2016.2.17 UP
                               
microKORGのノイジーなトラックにふわっとしたメロディを乗せて
                               遠い記憶みたいに
  
作品No.141 「Timeless World」
2016.2.22 REC / 2016.2.23 UP
                               
"時は金なり"か? / タイム・イズ・マネーのタイムレス・ワールド
                               2012年に録音してあったギター曲に これまた数年前に録音してあったお金チャリーン音を足す
                               ギターはトライアンフのウォール・オブ・サウンド / ラストの展開が好き
  
作品No.142 「れきねんぴーかんのん・せっしょん」
2016.2.23 REC / 2016.2.23 UP
                               
これは問題作だ(笑) 例の(笑)お経に乗せて仏とセッション! / ベースと軽くディレイをかけた哲VAI
                               後半がいい感じのセッションに突入する / 意外とお経がジャジーなフレーズと合うことが分かった(笑) ミスマッチって奴か?
                               謎なタイトルは時々聴こえてくるお経のフレーズより / 本当は「念彼観音力(ねんぴーかんのんりき)」と唱えているらしい
  
作品No.143 「サイレント・エイリアン」
2016.2.6 REC / 2016.3.2 UP
                               
microKORGでシンセ遊び 3種のサウンド / エイリアンのささやき
                               無口なエイリアンたちは何を喋っているのかな?
  
作品No.144 「溶鉱炉」
2016.2.3 REC / 2016.3.2 UP
                               
ボコーダー・オールドテクノその2! / リズムマシン手打ち4種+ZOOMで歌とLEADⅡ
                               「溶鉱炉/飛び込んで/溶けて/かき混ぜて/鉄になる」
  
作品No.145 「ザ・ノイズ漫才」
2016.4.20 REC / 2016.4.23 UP
                               
今回の2大問題作のうちのひとつ 一言で言えば"狂気"!
                               っていうか漫才です(笑)  まさかここに来て漫才のネタを書くとは思わんかった
                               これが漫才と呼べるかわからないけど思い付いちゃったんだから仕方がない 鼻で笑ってくれい!
  
作品No.146 「UFO FOR YOU」
2016.3.1 REC / 2016.4.11 UP
                               
うわぁ、グランジだー!! / UFOに乗ってしまった男の歌 / LEADⅡ弾き語り2種+ミックス時歌 / ラストにジョニー・ロットン出た(笑)
                               「目に映るUFO

                                 降りてくる宇宙人

                                 ビューティフルなUFO

                                 降りてきた宇宙人

                                 目から落ちた鱗

                                 拾い集める宇宙人

                                 銃声にも似た

                                 エイリアン・ボイス

 

                                 ニューフェイス

                                 ニューアイズ

                                 ニューハンズ

                                 ニューセル

                                 ニューブラッド

                                 ニューボーン

 

                                 彼は言う  「アダムスキー型 葉巻型 どれでもお好きなのをどうぞ」

 

                                 球状の内部

                                 カーステ(UFOステ)からフュージョン

                                 流星紀行

                                 窓の外 星の海

 

                                 ニューチケット

                                 ニューサイン

                                 ニューゲイト

                                 ニューガス

                                 ニューグラヴィティ

                                 ニューロマンス
 

                                 彼は言う 「機内食はレモンピラフ シリコンゲソ どれでもお好きなのをどうぞ」

 

                                 遠ざかる地球(マイ・ホーム)

                                 見えてくる新天地(ニュー・ホーム)

                                 遠ざかる地球(マイ・ホーム)

                                 見えてきた新天地(ニュー・ホーム)

                                 目に映るUFO

                                 目に映るUFO

                                 目に映るUFO

                                 目に映るUFO

 

                                 UFO FOR YOU」
  
作品No.147 「OVERRUN」
2015.7.7 REC / 2016.4.11 UP
                               
チャカポコ・ワウでオーバーラン! 黒LEADⅡ4種+リズムマシン手打ち
  
作品No.148 「C.A.S.S.E.T.T.E.」
2016.3.30 REC / 2016.4.23 UP
                               
そしてもうひとつの問題作がこちら!
                               つ、ついに出た カセットテープ賛歌!(笑) ベイ・シティ・ローラーズかラモーンズか はたまたブルー・ハーツか(笑)
                               カセットテープへの偏愛をストレートに歌ってみました / ZOOMまで使って歌いっぱい / コーラスだけ入ったカラオケ・バージョンも良いな
                               「百円ショップで売っている

                                 カセットテープをぶち込んだ

                                 MTRにギターとマイクをぶっ刺したら

                                 あとは叫ぶだけ

 

                                 C.A.S.S.E.T.T.E. CASSETTE!

                                 C.A.S.S.E.T.T.E. CASSETTE!

                                 C.A.S.S.E.T.T.E. CASSETTE!

                                 C.A.S.S.E.T.T.E.

 

                                 百円ショップで買い込んだ

                                 カセットテープをぶち込んだ

                                 MTRはフルボリュームだ

                                 LとRに振って叫べ!

 

                                 C.A.S.S.E.T.T.E. CASSETTE!

                                 C.A.S.S.E.T.T.E. CASSETTE!

                                 C.A.S.S.E.T.T.E. CASSETTE!

                                 C.A.S.S.E.T.T.E. CASSETTE TAPE!

 

                                 カセットテープは不死身の奴らさ

                                 思いのままにあとは叫ぶだけ

 

                                 C.A.S.S.E.T.T.E. CASSETTE!

                                 C.A.S.S.E.T.T.E. CASSETTE!

                                 C.A.S.S.E.T.T.E. CASSETTE TAPE!

 

                                 カセットテープ・フォーエバー!」
  
作品No.149 「ADVENTURES」
2016.3.23 REC / 2016.4.30 UP
                               
ハードなベンチャーズで"アドベンチャーズ"! / シンプルに80sトライアンフ2本だけ
  
作品No.150 「TODAYへ」
2016.4.9 REC / 2016.4.30 UP
                               
NCTC5のトリはこの曲 / グライコをかませたマイクで直結LEADⅡ渾身の弾き語り! / 前向きにね
                               「アスファルトで半笑いなら/現代は加速をつけて/扉をもう開けたのなら/その胸の高鳴る方へ/栄華を告げるイスランドラ/現代に別れを告げて/

                                 燦々と煌々と/降り注ぐ光を受け/やめた昨日を切り離して TODAY/低酸素の過去を抜けて/分裂した感覚の先へ/駆け抜けるエンドレス・サマー/

                                 振り切ったエンドレス・ソナー/変節と変貌と/しがみついたって仕方がないさ/どうせここは俺には不似合い/I GET WHAT I FORGET/遠ざかる過去を

                                 抜け出して TODAYへ/アスファルトで半笑いなら/現代は加速をつけて/扉をもう開けたのなら/有酸素のヘッドライトだ/いつからか どこからか/

                                 鳴り響くのびやかな雷鳴/どうせ俺はここでは不似合い/I GET WHAT I FORGET/新たなる TODAYへ/TODAYへ」
                                                                                           
▲TOP


 

作品No.151 「SWEET MOMENT」 2018.2.6 REC / 2018.4.10 UP
                               
NCTC6 仕切り直して始動いたします!
                               新拠点WHITE JOY BASE(引越し先の私の部屋)にて生まれ録音した楽曲!
                               まさにNCTC!これぞ1曲目!なインスト・ナンバー
                               木目LEADⅡで4種のギターがメランコリックに疾走します!
  
作品No.152 「スタンバイ・オン」
2018.4.10 REC / 2018.4.10 UP
                               
何気なく弾いてたらパッと生まれてその場ですぐ録音 窓から向こうの丘の桜を眺めながら
                               1音下げのグーピル・チューニングの木目LEADⅡを2種と歌を3回重ねて
                               後日ZOOMに取り込みリズムマシンを手打ちで入力したら贅沢な仕上がりになった(笑)
                               オーディオ・リスニングのワクワク感を歌った元気いっぱいの曲である
                               3周あるAメロそれぞれコード運びが違うのがポイント / スタンバイ・OK?

                               「スピーカー/スタンバイ・OK/オーディオ/スタンバイ・オン/たった数分で世界を変えて」
  
作品No.162 「旅のあと」
2016.12.21 REC / 2016.12.21 UP
                               
なんて美しいアルペジオ! 今年の夏の境港巡礼の旅から帰って最初に出てきたもの
                               ガットギターを7フレ・カポで2種類+歌 / いずれもBlackstarをかませて
                               イントロとアウトロのカランコロンはこれまたこの夏の信州の旅で清里駅前のおみやげ屋で買った銅(?)の鈴
                               昔ながらの喫茶店のドアによくあるアレです(笑)
                               「絵に描いた

                                 青空だ

 

                                 そんな空

                                 眺めてる

 

                                 風に

                                 踊る日傘が

 

                                 影を

                                 忍ばせた

 

                                 おゝ

                                 この空は

 

                                 おゝ

                                 なんて青いんだろう

 

                                 セイ・ハロー

                                 誰に言えばいい

 

                                 セイ・グッバイ

                                 誰に言えばいいんだろう」

                                  2017.1.29 UP
                                                                                           
▲TOP


 

作品No.191 「↑↑↓↓←→←→BA」 2016..23 REC / 2016.12.14 UP
                               
第8章の頭を飾るのは ファミコン世代なら誰でも知ってる無敵コマンドを冠したインスト
                               柱は2016年3月に録ってあった80sチューニング・ディストーショナル・トライアンフ・トラック
                               それだけでも全然OKそうだったが リズムマシンでキラキラを足すことによってより無敵感が出た!
  
作品No.192 「風の生い立ち」
2016.5.25 REC / 2016.12.21 UP
                               
ディレイの80sチューニング・トライアンフ / ノイジーに広がって
  
作品No.193 「Ladies&Gentlemen」
REC時期不詳 / 2017.1.11 UP
                               
昔GOUPILの出囃子で使っていたもの / 一体いつ録音したものだろうか?2009年頃? 20000Vあたりで流した気がする
                               逆回転を駆使した これぞテープ作品 / 「Ladies&Gentlemen」と言ったものを逆再生している
  
作品No.194 「Shalala」
2016.1.20 REC / 2017.1.24 UP
                               
オールディーズ調でシャララ♪ / 出川哲朗が座長を務める劇団はSHA・LA・LA
                               2016年の元旦にブラックTASCAMで録音したものをZOOMに取り込み歌乗せして完成
  
作品No.195 「PASSWORD」
2017.1.23 REC / 2017.2.1 UP
                               
歪ませた木目LEADⅡ2本に一発入魂の生ドラム・ビート!
  
作品No.196 「In My Heart」
2017.1.18 REC / 2017.1.18 UP
                               
ガットギターと歌とギターのボディ叩き / 即興 / "海童"という焼酎のCMの曲に触発されて作ってしまったことは内緒(笑)
  
作品No.197 「ドウダンツツジの咲く頃に」
2017.2.21 REC / 2017.2.22 UP
                               
黒アコギを弾いていたらいい感じだったので思わず録音 / ハーモニカも吹いている小品です
  
作品No.198 「季節」
2017.2.15 REC / 2017.2.22 UP
                               
KORGのシンセとリズムマシンにて / 伸びやかなメロディが四季を感じさせるでしょう?まるでヴィヴァルディだぜ(笑)
  
作品No.200 「Coin Toss」
2017.4.3 REC / 2017.4.4 UP
                               
ついに200番台に突入! / 哲VAI3種とベースとミックス時にリズムマシン手打ち / コイントスで未来を決めろ!
  
作品No.201 「春風」
2016.3.23 REC / 2017.4.4 UP
                               
即興のトライアンフ2トラック / ノートを見たら"シェイカーみたいのシャカシャカのせられそうだなあ"とメモ書きがあった
  
作品No.202 「We While」
2017.1.17 REC / 2017.1.18 UP

                               ガットとボディ叩きとシンプルな歌 / まったくその場のひらめきだけで録ったから自然でいいな
                               「カーテンの向こうで/影が揺れる/カーテンの向こうで/影が揺れる/We While We While/We While We While/

                                 カーテンの向こうで/影が揺れる/カーテンの向こうで/影が揺れる/だから We While We While/We While We While」
  
作品No.207 「教育テレビ/算数」
2016.12.20 REC / 2017.2.1 UP
                               
昔7フレ・カポのガット2本のインスト / 作品No.46 「教育テレビ/理科」の第2弾ということで
  
作品No.216  「ART 1」
2016.5.25 REC / 2016.12.7 UP
                               
我がブログ“ZUGA”にアップしてきたデジタル絵で動画作りたいな~
                               ということでそれに見合った曲でも作るかい!ってことで作りました
                               80sチューニング・トライアンフにディレイをかけて即興演奏
                               動画と合わせてお楽しみください

                                  2016.12.7 UP




                                                                                           
▲TOP


 

 

 

製品案内 / CD-R


① 日本カセットテープクラブ / NCTC1

日本カセットテープクラブ音源第1弾 / マーカッド社製CD-R
MNCC-001
全31曲収録 / 再生時間 66:06 / 発売日2011.12.1 / 1000円

"
どこまでが遊びでどこからが本気なのか "
クラブサイトにUPしてきた作品No.001~030に加え
THE CLASH 「Somebody Got Murdered」の録り下ろしカバーを収録してCD化!

割れにくい素材の素敵なCDケースと業者印刷のライナー付き / 大音量再生推奨盤

 

本当はカセットで売りたいとこなんだけれどさすがにみんな

カセットデッキは捨てちゃったと思うのでCDでの発売である

       \1000 BUY
                                                      
    FRONT               BACK


                                                                                            ▲TOP


 

 

 

 

② 日本カセットテープクラブ / NCTC2

日本カセットテープクラブ音源第2弾 / マーカッド社製CD-R
MNCC-002
全31曲収録 / 再生時間 72:19 / 発売日2012.7.31 / 1000円

"
自転車くらいのスピード 自転車くらいの人力感 "
クラブサイトにUPしてきた作品No.031~060に加え
FINE YOUNG CANNIBALS 「SHE DRIVES ME CRAZY」の鬼のピンポン録音カバーを収録してCD化!

割れにくい素材の素敵なCDケースと業者印刷のライナー付き / 大音量再生推奨盤

 

日本の夏  カセットの夏

       \1000 BUY
                                                      
    FRONT               BACK


                                                                                            ▲TOP


 

 

 

 

③ 日本カセットテープクラブ / NCTC3

日本カセットテープクラブ音源第3弾 / マーカッド社製CD-R2枚組
MNCC-003
全31曲収録 / 再生時間 72:50+19:27 / 発売日2013.8.27 / 1200円

"
磁気テープに刻まれた空 "
クラブサイトにUPしてきた作品No.061~090に加えジョージ・ハリスンのカバーを収録してCD化

今回は長すぎて1枚に入りきらなかったため 懐かしの8cmシングル盤を付けた2枚組
(この8cm盤はあまり手に入らないので初回だけの仕様かも)
いつものギターあり三線ありピアノありザディコあり打ち込みダブあり驚愕のノイズありの盛りだくさんの1枚(ていうか2枚)

 

GREAT CHEAP MUSIC!

    
  \1200 BUY
                                                      
    FRONT                BACK


                                                                                            ▲TOP


 

 

 

 

④ 日本カセットテープクラブ / NCTC4

日本カセットテープクラブ音源第4弾 / マーカッド社製CD-R
MNCC-004
全31曲収録 / 再生時間 75:53 / 発売日2015.2.10 / 1000円

"
疾走するCTミュージック! 駆け抜けるアナログ・ワールド! "
クラブサイトにUPしてきた作品No.091~120に加え
TELEVISION 「FOXHOLE」の1人テレヴィジョン状態カバーを収録してCD化!
今回のほのかなテーマは"夜” / カセットテープに息づく夜をご堪能下さい

割れにくい素材の素敵なCDケースと業者印刷のライナー付き / 大音量再生推奨盤

 

カセットテープの夜

       \1000 BUY
                                                      
    FRONT                BACK


                                                                                            ▲TOP


 

 

 

 

⑤ 日本カセットテープクラブ / NCTC5

日本カセットテープクラブ音源第5弾 / マーカッド社製CD-R
MNCC-005
全32曲収録 / 再生時間 71:24 / 発売日2016.5.5 / 1000円

"
原始時代から 原子の時代へ ― "
クラブサイトにUPしてきた作品No.121~150に加え
クラフトワークのアコースティック・カバーと「C.A.S.S.E.T.T.E.」のカラオケを収録してCD化!
for ジャンク・コンピューター・ミュージック・ジャンキー!

割れにくい素材の素敵なCDケースと業者印刷のライナー付き
当然大音量再生推奨盤

 

このアルバム、オール5

       \1000 BUY
                                                      
    FRONT                BACK


                                                                                            ▲TOP


 

 

 

製品案内 / T-SHIRTS


① 日本カセットテープクラブ "MTR"

日本カセットテープクラブTシャツ第1弾 / マーカッド社製セルフプリント
T-SHIRTS 004
取り扱いサイズはS・Mの2種類 / 2012.6発売 / 2000円

\2000 BUY

落ち着いた感じのくすんだ黄色(バナナカラー) / 丈夫で長持ち 5.6オンスTシャツ
胸にはNCTCの相棒"TASCAM MTR"を 背中には文字とマーカッドロゴをあしらった一品


                                                                                            ▲TOP


 

 

 

 

②日本カセットテープクラブ "KAZAGURUMA"

日本カセットテープクラブTシャツ第2弾 / マーカッド社製セルフプリント
T-SHIRTS 007
取り扱いサイズはS・Mの2種類 / 2013.6発売 / 2000円

\2000 BUY

色はPCモニターでは再現できない鮮やかなターコイズブルー (でも嫌味のない明るさ)/ 丈夫で長持ち 5.6オンスTシャツ
"ハーモニカを吹きながら"のMUSIC VIDEOでも登場した風車にアクセントの白いロゴが映える / 背中には文字とマーカッドロゴ入り


                                                                                            ▲TOP


 

 

 

 

③日本カセットテープクラブ "フェーダー"

日本カセットテープクラブTシャツ第3弾 / マーカッド社製セルフプリント
T-SHIRTS 013
取り扱いサイズはS・M・Lの2種類 / 2016.6発売 / 2000円

\2000 BUY

フェーダーは常にMAX / 赤いランプの点灯する2色刷り / 丈夫で長持ち 5.6オンスTシャツ
生地の色はスミ色 (くすんだブラック) / GOUPILの“ツマミ”Tシャツとセットでどうぞ

 


                                                                                            ▲TOP


 

 

 

 

日本カセットテープクラブ 缶バッチ5個セット 

『NCTC1』~『NCTC5』のジャケットデザインをあしらった缶バッチ

2016.6発売 / セットで500円

\500 BUY

これで今日から君も日本カセットテープクラブ員だぜ

 


                                                                                            ▲TOP



 

 

 

使用機材


楽器

①  
②  ③  

⑤  ⑥  ⑦  

⑨  ⑩  

 


① 父が学生時代に友人(現在ギタリストの柴田杏里氏)から3000円だかで買ったメーカー不明の12弦のアコースティック・ギター
    楽曲解説文中の通称「アコギ」 / 12弦だけど6弦で使用中 / 弦高が高すぎて弾きづらいけど 今のアコギには出せない骨太な良い音がする  

② 唯一のエレキ・ベース / ESPのギタークラフトの専門学校に通っていた兄が先生か友人に作ってもらったもの
    ヘッドには手書きで "Samlpe Poduced by 鈴木製作所" と書いてあるからたぶん鈴木さんが作ったのであろう
    音の粒立ちが良く気に入っている / ちなみに兄はその後ESPの工場でギターを作っておりました
③ 兄がゴミ捨て場で拾ってきてリペアしたメーカー不明のガット・ギター / 通称「ガット」
    ナットやフレットも打ち直してあるのでとても弾きやすく 部屋での使用頻度高し メイン格 / 幾多の名(迷)曲を生み出している

④ "Triumph SONIC MASTER" ヤフオクで5000円くらいで買ったストラトタイプの通称「トライアンフ」

    4弦を外し 80sチューニングというオリジナル・チューニングにしてある / ソニックブルーな色で 安いのに弾きやすい

⑤ "Fender USA LEADⅡ" GOUPIL AND Cのライブやスタジオでも大活躍の 1980年製の壱号機 通称「木目」  / もはや体の一部

⑥ "Fender USA LEADⅡ" こちらもGOUPIL AND Cでもお馴染み 1980年製の弐号機 通称「黒」
    部屋では手の届くところにあるのでNCTCではこっちが多いかな 常にグーピル・チューニングになっている
    「木目」よりもヘヴィーな音がし 向こうが「刀」ならこちらは「ナタ」といった感じ

⑦ ボ・ディドリーな感じの通称「カビ・ギター」 余った材料の寄せ集めで兄が作ったもの / 名前の由来は カビっぽい色味だから(笑)
    座って弾きにくいのが難点だが ネックも良いしハムバッカーで良い音がする ヘッドには"KABI SMALL ISLAND"(カビ 小嶋)のロゴ入り

⑧ STEVE VAI好きだった頃に兄に作ってもらった 通称「哲VAI」 / こちらもヘッドには"Small Island"(小嶋)のロゴが(笑)
    ロック・ナットにフロイドローズのアームと(確か)ディマジオのハムバッカー搭載のテクニカル指向の弾きやすいギター
    大切なので外には持ち出しません(笑)

⑨ "TINY BOY TT-40" 9800円くらいで新品で買った 軽くて良い音のトラベリン・ギター

⑩ 通販で買ったキットで作ったお手製の三線(サンシン)

⑪ "Art&Lutherie Ami Cedar Black" 中古で買ったコンパクトなカナダ製のアコースティック・ギター 通称「黒アコギ」 / 2016年秋の新入り!
 

  

録音機材

①  


③  ④  

 


① "TASCAM MINISTUDIO PORTA MKⅡ" このクラブの主役 TASCAMの4トラックカセットMTR 通称「ワインレッドMTR」 / 心強い相棒
② "TASCAM PORTASTUDIO 424MKⅢ" 時ど~き登場する TASCAMの6トラックカセットMTR 通称「黒MTR」
    イコライジングが出来たりテープ速度が変えられたりと色々遊べる バリバリ歪ませられる / ちなみにTASCAMは TEAC(ティアック)社の機材ブランドネーム

③ "ZOOM HD16" 16トラックのハードディスク・デジタルMTR / 4トラックじゃ収まりきらないときやリズムマシンの一発打ち込みがしんどい時に登場する
    GOUPILでのレコーディングのメイン機 / 鉄の塊なのでクソ重い

④ "SONY TCM-400" SONYのカセットテープレコーダー 通称「テレコ」 / 自分の部屋の鳴りでこれで録る歌声が一番好きなのである
    カラフルにペイントしたのはもちろん私 / 生産終了してしまったので予備にもう2個買ってある
⑤ "SHURE SM58" メイン・マイク 全ての録音はほぼこれ / "RODE NT1-A" お手頃価格のコンデンサー・マイク ZOOM録音用なのでほとんどGOUPIL専用 

 
 

その他

①  ②  

④  ⑤  

⑦  ⑧  

 


① これがなければ始まらないぜ / カセットテープは百均で調達 主に90分ノーマル・ポジションのもの / エディット用のMDはSONY製(しかもう売ってない)
② "BOSS DR-5" 打ち込んで打ち込んで打ち込みまくっても壊れないタフな名機 / ドラムからメロディまで重宝しまくる 通称「リズムマシン」
③ "Blackstar FLY 3" ピクニックにも持って行ける電池駆動の小型アンプ / ディストーションやディレイ内臓で見かけによらず良いサウンド

④ "VOX AP-JS" VOXのamPlugシリーズのジョー・サトリアーニ モデル / ギターに挿してイヤホンするだけで気分はサトリアーニ

⑤ 色んなキーのハープや百均で買った複音ハーモニカ
⑥ BOSSのエフェクター "Graphic Equalizer GE-6"(通称「グライコ」) と "Digital Reverb/Delay DV-3"(通称「ディレイ」)
⑦ TAMAのミニドラムセット "STAGESTAR"  ハイハットにはタンバリンも搭載 通称「生ドラム」 / シンバルは練習スタジオのもらいもの(ヒビ入り)
⑧ "micro KORG" コルグのシンセサイザー・ボコーダー / ロボ声も出せます
⑨ SONY PIXYシリーズ "DHC-MD919"  MDエディット時に使用 / ノイズなしズレなしでトラックを結合できる優れもの

 
                               

 



BACK © 2018 Marrcad Ltd. all rights reserved.